スマホ版ページはこちら

買い下がり

   「買い下がり」とは、為替相場が下降トレンドのとき、ある程度の値幅をあけながら段階的に買いを入れていく手法のことです。もともと相場で大底を当てることは非常に難しため、資金を分散して大底を捕らえようとするもの。逆張りのための取引手法です。

   相場の流れに逆らって建玉を大きくしていくわけですから、リスクの高い手法です。安易に買い下がりを始めると、予想以上に相場の規模が大きい場合、全て損切りするはめになります。よほどの確信がなければ実践すべきではありません。

   なお、買い手法に関する用語としては「押し目買い」もありますが、こちらは順張りのための手法で、「買い下がり」とは本質的に異なります。また、「買い下がり」とは逆に上昇トレンドで分散して売る手法を「売り上がり」と言います。FXハイリスク・ハイリターンな取引ですから、買い下がりではなく押し目買いを、売り上がりではなく戻り売りを基本とすべきです。

google

はじめてのキャッシング